引っ越しはトゥクトゥクで
9ヶ月の間に、
アパートメントの周辺は劇的(?)に変わった。

いちばん増えたのが車とバイクの量で、
なっちゃんの朝晩の散歩がしずらくなってきた。
それに、任期の後半はまた違ったところで暮したい、という思いも---。

P2030004_convert_20150216104556.jpg 結構歩き回って見つけたのが、
 庭にシンボルツリーの
 マンゴーのおおきな木があるこの家
 階下には大家さん一家が住んでいて、
 ふつうの家っぽいところが気に入り、
 2月の始めに引っ越してきました。
 
 ーベランダからー

サービスアパートメントのように、
ジムやプール、お掃除のサービスはないけど、
カンボジア人の日々の暮しが身近にあって、
いかにも、暮してる!って感じ。

周りは緑にあふれていて、
朝は、バイクや車のかわりに小鳥たちの声。
ちなみに、プノンペンには緑が少ない=気になってます。

家同士、向う三軒両隣みたいなおつきあいもあるようで、
どの家も朝は庭掃除からはじまる。

なっちゃんも慣れてくれたようです。


スポンサーサイト



【2015/02/16 11:58】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |