プチュムバン近し
周りはプチュムバン(お盆)モードになって、
お供え物を持ってパゴダ(寺院)へ向かう人々をよく見かけるようになりました。
テレビは毎日のように、人々のお参りのようすを映し出しています。

今朝は買い物の帰り、近くのパゴダに寄って、
なかのようすを覗かせてもらってきました。

 IMG_3806.jpg  IMG_3800.jpg

パゴダはきれいに飾られて、
お堂の入り口には、
100リエル、500リエル(5円、10円の感じ)の新札紙幣を束にした両替屋さん(?)。

  カンボジアのお金は紙幣のみ。
  それに、お布施はそのまま差し出すので、
  よれよれの紙幣ではちょっとねえ、という感じなのでしょうか。
  お寺ではよくこういった人を見かけます。

 IMG_3804.jpg IMG_3798.jpg
    お供え物のお米やお布施。    お参りの人々がとぎれません。

  カンボジアでは、亡くなった人は、その家に帰ってくるのではなく、
  お寺に帰ってくるのだそうです。
  それも、毎年、どこのお寺なのかわからない(決まっていない)ので、
  7つ以上のお寺にお参りしなければならないんだとか。
                         たいへんですね。

来週は11日から13日がプチュムバン。
15日はシアヌーク前国王追悼記念日と、ほぼ1週間お休みが続きます。




スポンサーサイト



【2015/10/07 16:56】 | 街あるき | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |