ひょっとしてお鍋?いえいえ。
先日、
夫の配属先であるNPIC(国立技能専門学校)へ行く用がありました。
ちょうどお昼時でもあったので、学生食堂でお昼
先生たちと一緒にいただきました。


献立は2種類。
先生たちが選んでくれたのは“これ”。黄色や紫の色が映えてとてもきれいです。

     鍋2

白菜も盛られているし、野菜がいっぱい。
瞬間的に「おなべだ!」と。
実際、カンボジアには牛肉なべや山羊なべ、いろいろあるので、
食べたことのないおなべだ!と喜んでもいたのですが---。

けれどありません、どこにも肝心の鍋が。
熱源も見当たらないし-----。あとから持ってくるんだろうか------。
きっとキョロキョロしていたと思います、わたし。

鍋3  
  うーん、やっぱり
   お鍋ではありませんでした。
  これはこのまま食べるんです。
   黄色の花も、なすびも白菜も、
   ホテイアオイの花も。
  お好みのタレにつけて。


先生方いわく、これは薬代わりにもなって、身体にいいんだとか。
ちょっと自慢のようでした。
そう聞くと、隠れてはいたけど、
いかにも、と思わせるような葉っぱがほかにも何種類か。

けれど、はじめて食べるわたしにはちょっときつかったみたい。
効き過ぎたのかも、です。
少々おなかをこわしてしまいました。
ちなみに夫は何事もなかったようで、
毎日この学食でお昼をしているおかげですね。



スポンサーサイト



【2016/03/13 22:32】 | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |