発見!伝統的クメール料理
ここでの生活も残すところ1週間。
食べ物の締めくくりは、クメール料理で

Kravanh入口

  お店の名前は、
  Kravanhクラヴァン=カルダモン)。
   カルダモンは最も古いスパイスの一種。
   カンボジアでは、カルダモンホテルとか、
   カルダモン山脈とか、よく冠についています。
   
       
クメール料理、とはいうもののこれまでは、
どこかタイ料理やベトナム料理と似通っていて、
あまり新鮮味を感じることができなかったのですが、
なかなかどうして。
わたしのクメール料理へのイメージがひっくり返ってしまいました

どうしてこれまで出合えなかったの?って感じで、
2年間の締めくくりには最高!
クメール料理見直しました!

  多くの伝統や文化までもが破壊され、失われたポルポト時代。
  一度破壊されたものを元に戻すこと。
  それがいかに困難で容易でないことか。
  さまざまな場面で痛感した2年間でしたが、
  失われたものには、当然のことながら大量の書籍もありました。

情報誌によれば、
1926年に出版されたカンボジアの料理本を、
フランスで見つけたこの店のオーナーが、
世界にクメールの料理文化を発信しようとはじめたのがこのレストランだとか。

クメールの伝統料理ってすばらしい!
このレストラン、
雰囲気も、テーブルセッテングも、料理も、器も素敵で、
おもてなしも気がきいていました。

付きだし・空心菜  生春巻き
つきだし「空心菜の甘酢漬け」     「生春巻き」タレなし。
美味しくておかわりしてしまいました。 タレなしでこんなに美味なんて!

ソーセージ  パパイヤサラダ2
「バッタンバンソーセージ」      「パパイヤサラダ」
伝統の逸品だとか。          くせがないのに、深い味。

なすびとひき肉  麺、牛肉
「なすとブタひき肉の炒め物」     「牛肉のせ麺」
よくあるメニューなんですが、     こんな柔らかく煮込んである
盛りつけも味も何かおしゃれ。        こちらの牛肉ははじめて。
                  
メニュー

  メニュー表も一冊のおしゃれな本
       手にしているような感じ。
  料理の写真にも
        魅入ってしまいました。
  料理を選ぶ段階から楽しめます。
  どの料理もみんな食べてみたい!

  
 ー昨夕は食を通し、カンボジアの奥深い歴史と文化にふれた思いでしたー


空心菜の甘酢漬けは、作り方をボーイさんに教わったので、
帰国したら早速作ってみます。
空心菜の茎がこんなふうにして食べられるなんて新発見です。


 

【2016/03/17 23:02】 | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<もうすぐお別れ | ホーム | カンボジアに感謝>>
コメント
この店、以前よりあったのかしら。知りませんでした。栄子さんが驚くくらいだからきっと美味しいのでしょう。ソーセージは丸くてなんか不気味。春巻きも大きいのね。あと一週間。ホントに最後ですね。
【2016/03/18 18:28】 URL | 金子 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://102847.blog.fc2.com/tb.php/125-3275f6c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |