行ってきました!プノンペン駅
  プノンペン駅へ行ってみた。
  仏領インドシナ時代に建てられた存在感ある立派な駅だ。

  PA080573_convert_20141127103502.jpg

鉄道はプノンペンを起点に南と北線の2路線。
クメールルージュによるインフラ破壊や荒廃もあり、
旅客列車は現在運休中だが、南線のみ貨物列車が時に走っているようだ。

IMG_1608_convert_20141127095513.jpg                                            南線はプノンペンからシアヌークビルまで。
 この線路には、
 カンポットへ行く道中に何回か遭遇した。




北線はシュムリアップの先、シソポンという町までのびている。
昔はタイの鉄道とつながっていたようだ。
この北線、プノンペン駅近くで見る線路は土に埋もれ、
線路に迫る感じで、スラムのような小さな家々がひしめいていて、
線路上にはテーブルや椅子も。
井戸端会議の場と化したような線路に、
これじゃ、復旧はまだまだ先、と思ったものだった。

その復旧工事 、アジア開発銀行の支援を得て、
‘13年の全線再運行をめざしていたが、沿線住民の移転問題など、
やっぱりね、って感じで、今年中の復旧は到底ムリでしょう!
駅で出逢った軍人は、来年には、と言っていたがいつになるのか。
まあ、期待しないで待っていましょう。

さて、駅舎
軍が警備していて、構内へは立ち入り禁止。
入り口でチェックしていたが、そこをなんとか---。
少しだけ入れてもらって写真を撮ってきた。

PA080576_convert_20141127100235.jpg PA080581_convert_20141127100410.jpg

広々とした構内はガランとしていて、ホームに続く扉は閉められていたが、
扉の向うには工事する人の姿がチラホラ。

旅行者の気分を味わってみたい、ホームに立ちたいな、
と横手入り口にもまわってみたが、ここもガードが固くてダメ。
で、柵の間から写真だけ。

撮り鉄だったら、向うには列車も見えるし、もうちょっとネバッタかもしれないが、
あきらめて、駅をあとにした。がー

期待しないで、とは言ったものの、
ほんとに来年こそは運行できるようにがんばってほしいものだ。
この駅が活気をとりもどし、人々で賑わっている姿が見たいです!
もったいないですよね、これだけのものがあるのに。
宝のもちぐされですよ。
         PA080571_convert_20141127100551.jpg
         青い空に映えてきれいでした ープルメリアー       


【2014/11/27 14:02】 | 街あるき | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<見直しました! | ホーム | 結婚式に遭遇>>
コメント
近況
こんばんは、店の客待ち、間に楽しく読ませてもらっています。毎日が、充実やね。あなたはすごい、私は見ているだけで、そこの生活は、無理と、思います、観光も、たぶん、、。又色々宜しくね♪
【2014/11/29 20:39】 URL | 田中美鈴 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://102847.blog.fc2.com/tb.php/64-431a2c71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |