カンボジアに感謝
昨日の日曜日、
夫が昨年、講義を受け持った卒業生が2人、
私たちが帰国すると聞いたので、とお別れを言いにきてくれました。
多くはない給料から買ったお土産までもって。
その気持ちに感激です。

お別れ一緒のランチはお寿司や天ぷらの日本食で。
彼らたちにとってははじめてです。
気に入ってくれてたらいいなあ。
夜届いたメールには、
「日本の食べ物はおいしくて健康的ですね」ってあったけど。

いろんなことを話しての別れ際、
「先生(夫)たちがカンボジアにいい印象をもってくれたことを感謝します」。
なんて言われて、涙がぽろり。
いえいえ、こちらこそカンボジアに感謝なんですよ

 
 2年間暮したカンボジア。

 プノンペンでの日々は、
 ゴミが多い(ゴミをどこにでも捨てる)。緑が少ない。
 大型車にバイク、マナーが悪すぎる。
 むやみやたりに塀が高く、そのまた上には有刺鉄線、と内が全く見えない家々。
 まあ、これは治安の悪さを考えると仕方がないことかもしれませんが。

 それに、政治の実状や、こう貧富の差を見せつけられると、
 一体この国はどうなってるの?
 と言いたくなってはくるのですが。
 が、近隣の国々のなかでは、人はいちばんいいのでは、と感じるこの頃です。

 こちらが笑いかけると、どんな時でもにこやかな笑顔が返ってくるし、
 道路を渡ろうとしたりすると、
 バイクや車はスピードを落とし待ってくれます。
 (ベトナムではこうはいきません。どこまでもスピードをあげ突進してくる感じ
 ほんと、笑顔がいいんですよ、カンボジアの人々

 夫の学校へいってもそうです。
 学生さんたちの笑顔の挨拶の気持ちいいこと。
 若い男の子や女の子の気持ちのいい挨拶って、
 日本ではそうそうお目にかかれないことかも。


この間、夫の学校へ行って思いました。
 (勝手にですが)
こんないい学生さんたちに囲まれての仕事、ほんとによかったなあ、と。
そりゃあ、仕事ですから、いろいろな悩みや苦労もあったことでしょう。
でも、若い人たち相手の仕事って、一緒にいるだけでも、
広がる未来や希望を感じてしあわせだったのじゃないかなあ、と。

私はといえば、携帯には、
トゥクトゥクドライバーの電話番号が増えました。
そこまでなら乗っていきなよ(もちろんタダで)、
と声をかけてくれるトゥクトゥクのお兄さん。
 ⇒ちゃっかり乗せてもらっています。
洗い物をしているおばちゃんや屋台のおばちゃんが声をかけてくれたりで、
日々のちいさなしあわせを感じながらの2年間。

 
  若い人たち、いいカンボジアをつくってくださいね!




【2016/03/14 13:16】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
ひょっとしてお鍋?いえいえ。
先日、
夫の配属先であるNPIC(国立技能専門学校)へ行く用がありました。
ちょうどお昼時でもあったので、学生食堂でお昼
先生たちと一緒にいただきました。


献立は2種類。
先生たちが選んでくれたのは“これ”。黄色や紫の色が映えてとてもきれいです。

     鍋2

白菜も盛られているし、野菜がいっぱい。
瞬間的に「おなべだ!」と。
実際、カンボジアには牛肉なべや山羊なべ、いろいろあるので、
食べたことのないおなべだ!と喜んでもいたのですが---。

けれどありません、どこにも肝心の鍋が。
熱源も見当たらないし-----。あとから持ってくるんだろうか------。
きっとキョロキョロしていたと思います、わたし。

鍋3  
  うーん、やっぱり
   お鍋ではありませんでした。
  これはこのまま食べるんです。
   黄色の花も、なすびも白菜も、
   ホテイアオイの花も。
  お好みのタレにつけて。


先生方いわく、これは薬代わりにもなって、身体にいいんだとか。
ちょっと自慢のようでした。
そう聞くと、隠れてはいたけど、
いかにも、と思わせるような葉っぱがほかにも何種類か。

けれど、はじめて食べるわたしにはちょっときつかったみたい。
効き過ぎたのかも、です。
少々おなかをこわしてしまいました。
ちなみに夫は何事もなかったようで、
毎日この学食でお昼をしているおかげですね。



【2016/03/13 22:32】 | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
おひなさま作ったよ
今日は3月3日。ひなまつりですね。

カンボジア補習授業校幼稚部の年少さんがつくった
おひなさまをご紹介しましょう。かわいいでしよ。

    IMG_4254.jpg


この補習校の正式名称は、
カンボジア日本人会プノンペン補修授業校

名前の通り、カンボジアの日本人会が設置。
幼稚部(年少・中・長)と小・中学部があり、
保護者の方々が、日本人会と協力して運営にあたられています。
補習校のある場所は、街中から少し離れていて遠いのですが、
皆さん、すごく熱心で献身的。
       ここがすごいところですね。

補習校には、
平日はインターナショナルスクールなどに通う子どもたちが、
土曜日に、日本語による授業を受けに通ってきます。
授業は午前中のみ。

年少組を担任しているのですが、
友だち同士で遊んでいると、時々英語がとびだしてきたりします。

ご縁があって、わたしがここで仕事をさせてもらって1年と10ヶ月。
この19日の修了式をもって最後となりました。

プノンペンの補習校は治安がよくなった2001年4月に開校したそうです。
日本人学校は同じ場所に、昨年4月に開校しました。

あともう少しになりました。

     子どもたちが健やかに成長しますように。




【2016/03/03 13:24】 | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
フエ・ホイアン5日間の旅 ④
どこへ行っても、市場にだけは行きたい!行きます。

市場に行くと、そこに暮す人々の暮らしが見えるし、
その土地ならではの美味しいものや、道具に出あえたりするので、
興味は尽きず、あきません。

ホイアン市場
船から水揚げされた魚介類の豊富なこと。
カンボジアで暮す身にとっては、うらやましい限りでした。

DSC03499.jpg  DSC03495.jpg

というのも、カンボジアでは大から小まで、そのほとんどが川魚。
種類は多いのですが、川魚のニオイが苦手なので、手がのびないのです。
まあ、トンレサップ湖やメコン川の恵みではあるんですけどね。

  で、いつ解凍したのかわからないようなサバやサケ、
  イカ、エビをローテーションで食卓にのせているという毎日ー。

DSC03501.jpg
 
 なかでもこのサンマ
      見てください!
 
 日本でみるサンマだあー。
 猛烈に買って帰りたくなりました。



プノンペンでは、これまたいつ解凍したの?
というようなほにゃーとしたサンマや、
血がこびりついたような冷凍サンマを、時たま見かけるだけ。
サンマがサンマの色してますもの。
このサンマを見ただけでも、感激でした!

DSC03502.jpg  DSC03503.jpg

人々のパワーを感じる市場の喧噪。
もうちょっと浸っていたかったけど、
そろそろホイアンを離れる時間がせまってきました。


P2220433.jpg

   P2220435.jpg 川岸の露天カフェではこんなふうに、
     涼んだり、だべったり、お茶を飲んだり。
 
    ふんわりとした時が流れるホイアンでした。


追記;
相対的にべトナム料理、美味しくて、好きです。
神戸に「鴻華園」っていうべトナム料理店があるけど、ここも美味しいです。
この旅では食べる機会がなかったけど、ここの蒸し春巻きはおすすめです。




【2016/03/01 13:27】 | べトナム | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
フエ・ホイアン5日間の旅 ③
まずは食べ物の話から。

食べてきました!ホイアンの三大名物

P2220425.jpg   DSC03432.jpg

P2220424.jpg  左上「カオ・ラウ」
   日本のうどんがルーツとも。
   せんべいを砕いて上にのせ、
   かき混ぜて。
  右上「揚げワンタン」
   揚げたワンタンの皮の上に、
   海老や肉、野菜をトッピング。
   具は店によって違うようだ。

あとひとつは「ホワイト・ローズ」
米粉の皮に海老のすり身を包んで蒸したもの。
ツルっとした食感でいくらでもいける、って感じです。


今日は、ちょっと足をのばして、
その昔、チャンパ王国の聖地だったというミーソン遺跡へ。
ホイアンからは、車で1時間ちょっと。田舎道を行きます。

ここ、妙に落ち着く場所でした。
レンガで造られた遺跡群が点在してるのですが、
自然崩壊に加えて、ベトナム戦争時にアメリカ軍の空爆を受けたとかで、
かなりの崩壊ぶり。
緑の苔や草に覆われた遺跡たち。
アンコールワットより古い時代のものもあります。

DSC03407.jpg  DSC03414.jpg

P2220381.jpg   P2220409.jpg

今回の旅では、フエでも多くのこんな遺跡に出あったのですが、
こういった崩れ去ってゆくものに不思議と惹かれてしまいます。
夕暮れまで佇んでいたかったなあ。

そんな思いを残して再びホイアンの街へ。

夕方、川縁を散歩してたら、
絶好の場所にテーブルと椅子が。
  その時にはわからなかったのですが、
  わたしたちをよんでくれた人が自分たち用に用意していたものだったとか。
関係なさそうだったけど、傍にいた人に一応断りを入れて拝借することに。

DSC03419.jpg  DSC03429.jpg
          夕涼みには眺めよし。最高の場所だった。

近くのレストランで揚げワンタンを注文。
おつまみにして、のんびりボーッと暮れゆく時を楽しんでいたら、
小さな手こぎボートから、おいでおいでとの手招きが。
  これもあとでわかったこと。
  用意していたテーブルをわたしたちに占領され、
  代わりのテーブルをボートに運び、団らん中の人たちでした。
義兄のもつボートで遊覧はいかが?とのお誘いだった。

          せっかくだから、乗ってみるか。
          舟からみる光景もまたいいもの。


     DSC03439.jpg

お義兄さんのボートから降りようとしたら、
またまた小さなボートからお誘いが。
まあまあ一緒に、と誘われて、ビールをごちそうになってしまいました。
結構飲みましたねえ。

DSC03436.jpg  DSC03454.jpg
  
誘ってくれた彼の名前はコッさん。
ホテルの仕事が終わったあとは、
こうやって家族でのんびり過ごすのが楽しみだとか。

いいなあ、そういいうの。
ホイアンはいいところ、大好きな街。
ということが、誠実そうなコッさんからはドーンと伝わってくる。

ボートにはすっかり長居してしまいました。

テーブルが取り持つ縁?
ひょんなことからいい人に出会えたホイアンの夜でした。

  
  もうちょっと続きがあります。読んでくださいね。



【2016/02/29 14:10】 | べトナム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ